詳しくおしえて!電話代行の選び方

大事な電話を逃がさないサービス

電話代行は、企業等が自社あてにかかってきた電話を転送し、専門業者に代理応答してもらえるという、一種のアウトソーシングサービスです。外回り等で社員が出払ってしまう機会の多いオフィスなどで利用すると、大事な電話を受け損なうリスクを減らすことができるので便利です。たった一人で切り盛りしている個人商店などでも、接客業務に専念するために導入するケースがよく見受けられます。
電話代行業者の数は非常に多く、サービスの内容も多種多様です。業者を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、重要なのはやはりサービスの質です。転送された電話は各業者所属のオペレーターが応答しますが、当然ながら接客マナーの水準が高いほど良い業者であるということになります。優良な業者の多くはサービスに満足できなかった顧客に対し、一定期間内であれば代金を返金する制度を設けています。こうした保証制度の有無が、選定ポイントの1つになります。

料金体系とサービス内容をチェック

電話代行サービスの料金体系は各社ともおおむね共通しており、1か月間の予定コール数に応じた定額プラス追加料金というスタイルが一般的です。たとえば100コールのコースであれば月間100コールまでなら料金は一定、101コール目からは1コール当たりいくらといった形で追加料金がかかります。
こうしたことから、契約する際は事前に月当たりの平均的なコール数をある程度把握しておき、それに該当する各業者の料金コース同士を見比べると、最もコストパフォーマンスの良い業者を見つけることができます。
また、オプションサービスの有無も、業者選びのポイントとなります。電話代行の標準的なサービスは電話を代理応答し、通話終了後に内容をメールで随時報告するというものですが、業者の中には指定した携帯番号に再転送したり、通話内容を分析して案件別の統計資料を作成したりといった付加サービスを扱っているところがあります。

© Copyright Responding Call. All Rights Reserved.